お座敷一間

上京してきて4年目の社会人が、少しずつ手の届く自分の一間を広げていきたいブログ

コインパーキング業界の話


今日なんかの縁で駐輪場屋さんと話したので、その知見の覚書。

多分調べればWebでわかることだと思うので問題ない…はず。



  • 年商40億 1000拠点を目指す
  • →1拠点は年間400万 月間100万か。結構儲かるんだな…
  • 建物がなくなると土地に対する固定資産税は5倍になる。その対策としてコインパーキングを提案する。
  • 金融機関のハードを置くと設置料が入る。
  • 自販機を併設することで、設置収入だけでなくベンダーが管理や電気代を代行してくれることがある。
  • 建て壊しのあとに需要が発生する業態なので、会議室と喰い合わない。

  • 競合は200社くらいいる。飽和。
  • 契約書の解釈変更で柔軟な対応を図っている。
  • 大手企業のような決済にかかる時間のロスがなく提案迅速。
  • 超短期(三ヶ月)の契約も担っている。

  • 5年後まで14→40億を目指しているため、新規事業を展開している。
  • 駐輪場、機材販売、他地域展開。
  • カーシェアリングは儲からない。
  • →タイムズがかけたイニシャル数百億は回収できてない模様。カーシェアリング利用者を優先して出しやすいスペースにシェアカーを置いたら、最も売りの立つスペースがつぶれた。現在車屋とのツテなどを活かし、中古車販売を始めたらしい。