お座敷一間

上京してきてX年目の社会人が、少しずつ手の届く自分の一間を広げていきたいブログ

邦画8.進撃の巨人

一作目でした。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オカン死なへんのかい!
ミカサ生きてるんかい!
 
というところで、早々に主人公の動機付けが崩壊してた本作。
 
リヴァイの代わり?の隊長はセリフと年齢があってないというか…カリスマ感よりナルシズムがすごかった。なんかかっこよくない。コレジャナイ。
ミカサ寝取ったんはまぁ…新たなる壁になるのかな…なんなんかな…
ミカサと隊長がイチャイチャしてるのにショックを受けてたら、急に人妻に誘惑される展開は本当になんだったんだろうか。あの人妻脈絡なさすぎやろ。速攻食われたし。仮に食われへんかったらなんかもっとエレンの葛藤とかありそうな気もするけどな…
仮初めの愛とミカサを天秤にかけるとか…隊長を倒すより人妻を愛して世界を救うんだ!みたいな…
なんで食われてもうたんや…ホンマに何しにでてきてん…
あ、食われたあとに死体と再会して駆逐してやる!っていってたから…エレンの動機付けになってたのかな…なんでそんなぽっと出に任すんやそれ…
くさかべも異様に強いし、ぽっと出に役割持たせすぎちゃうか…ジャンっぽい人は名前すら呼ばれてないで…誰なんやアレ…
 
ミカサとエレンはどうなるんすかね。流石にこれどうしたいのかわかんねぇな…
というところで全登場人物の目的とかがぶれたまま終了。
 
誰が何をどうしたいんだ…
的なモヤモヤがすごいし、ストーリー的には全然進んでいない。
 
音立てたらあかんで!っていいながら車がゴリゴリうるさいし、そもそも車とかない世界観やから馬使ってたんちゃうっけ、あれ?なんでそこで止まって全員一回車から降りたん?とかもうわけがわからんシーンもありました。みんな身の安全に無頓着すぎない。その団地みたいな野営地で好き勝手してたらそら襲われるやろ。見張りぐらい立てるなりもともとおる人らで罠張っとくなりあるやろ。
 
ていうか人間が壁作りましたみたいな冒頭の表現とか、ピエール瀧が巨人エレンの早く剥がしてやれみたいな発言するとか、なんかこう何気に原作の神域にふれまくってないか。大丈夫かこれ。
 
いや、まぁいいんですけど。
ラスト何が起きたんかさっぱりわからんままなんは仕方ないとして。
 
次がきになりますね!棒