お座敷一間

上京してきて4年目の社会人が、少しずつ手の届く自分の一間を広げていきたいブログ

凶悪

凶悪なだけ、という印象がつよい。
怖くてあまり見入ることもできず、横目でみてた。

まじめにこの感性に向き合ったらなんか殺しとかも肯定しちゃいそうなレベル。

ピエール瀧リリーフランキーもふんわりした役どころしか知らんかったので、どないしてんという感じ。シン・ゴジラ進撃の巨人にでてたピエール瀧。軍服。ええにいちゃんでしかなかった。

山田孝之の嫁の死んでるやつなんかどうでもいいというのはそうだよなとおもう。
死刑囚に構ってる暇あったら目の前のかーちゃんなんとかせーよという。

罪悪感に正義感をリプレイスしてるだけ。なんかでもこういう代替的な気持ちの置き換えは楽になるためには必要なことで。
かつてエコがどうとかに凝ったのもそういう圧倒的正義というか