お座敷一間

上京してきて4年目の社会人が、少しずつ手の届く自分の一間を広げていきたいブログ

1食100円でたらふく食うための自炊の話

一食100円でたらふく食える

というのが自炊の一番の魅力であると考えています。

そのためには仕入先が重要です。
そんな凝った料理は基本しません。


主食

パスタは300g、米は二合食ってます。
多分普通の人だと半分でまかなえるんじゃないかな…
知り合いの村民や、友達のお母さんがお米をちょいちょいくれたりして、すごく助かっていたりします。情けないですが米の仕送りもちょくちょく頂いてます。




おかず

メインで買うのはこの辺です。
鳥もも肉を揚げたり蒸したり焼いたりしてます。去年は同額で鶏胸肉を仕入れてたのですが、業務スーパーで2kg800円の鳥もも肉見つけてからQOL(クオリティ・オブ・ライフ)が向上しました。

大体休みの日は、鳥もも肉解体→フリージングパックで15個くらいに小分けしてるか、カレー10人前煮込んでるかって感じです。

肉はもも肉で満足感をとりあえず得て、ほか野菜が食べたくなるので上記らへんで適当に取り合わせて炒めるなり蒸すなり。味覇ぶち込むなり和風だしぶち込むなり、コンソメぶち込むなりしながら、味変えて食べるみたいな。組み合わせれば野菜の必要量はかわるので、一食料金も調整してます。



特売底値

この辺は見かけたら買う、みたいな感じです。


基本的には安い時に買った肉と野菜を冷蔵庫にポンポンいれて、クックパッドで調べて適当に組み合わせて食べます。
たまに あ、これくいてぇと思ったらそれを調べて買い足します。

カルボナーラとか刺身丼食いテェ!って
チーズとかアボカド、生クリームみたいなものがちょくちょく買い足されてます。
料理のレパートリーは大して増えてません。笑

など書いてますが、自炊する余裕があるのってそんなに毎日ではないので、週2.3日が精々です。他は普通に外食しちゃうので、安くたらふく食うっていう趣味みたいなもんではあります。